藤本邦彦公式サイト/ココロとカラダに効くブログ
 

藤本邦彦公式サイト/ココロとカラダに効くブログ

« オススメ新商品は、ポイント5倍!(8/31まで) | メイン

ヌーソロジー・半田広宣氏に聞く「太陽系とは何か?」

前回の続きをアップします!

第2回目は「太陽系とは何か?」です。
ヌーソロジー独自の視点から、太陽系を語って頂きました。

*ヌースレクチャーの第1回目は、7月21日に行われ、会場には沢山の方が参加され大盛況でした。次回の開催は、9月22日(日) 渋谷 金属労働会館で、13時から17時まで行われます。
ご興味のある方は、ぜひご参加ください。参加希望の方は、ライトスタッフ 03-3725-3022
藤本まで、お電話ください。

以下インタビュー記事です。


藤本:いよいよ「東京ヌースレクチャー」が7月より月に一度定期的に開催されることになりました。ヌーソロジーファンの皆様は待ち望んでいたと思います。さらにパワーアップしたレクチャーが楽しみですね。何年ぶりですか?

半田:約10年ぶりになるよね(笑)。今回のレクチャーシリーズはすごいですよ。10年の間、ヌースは休んでいたわけではなくて、ものすごい進歩を遂げています。だから、以前のシリーズでよく分からなかった人も、今回はかなり分かりやすいと感じるのではないかと思います。2013年以降、人間の意識がどう変わっていくか、巷でアセンションとか呼ばれているものの本質が何なのか。日本人の霊性がこれから世界に向けて果たして行く役割など、いろいろなことがヌーソロジーという精神と物質を統合した宇宙体系から語られて行くことになると思います。スピリチュアル系あり、哲学あり、科学あり、神秘学ありで、様々な側面からヌーソロジーを解説していくつもりなので、皆さん、こぞってご参加下さい。

藤本:さて今回のインタビューから、テーマを決めて半田さんにお話をお聞きします。今回は「太陽系とは何か?」についてです。ヌーソロジーでは、2013年に太陽系の最終構成が終わり、新しい太陽系が生まれるって言われていますね。私たちが現在思っている太陽系とヌーソロジーが語る太陽系の違いって何なんでしょう?

半田:常識的な宇宙観では太陽系というのは約46億年ぐらい前に宇宙空間のガスやチリが重力によって集まってできたと考られているわけだけど、ヌーソロジーでは全く違うんだよね。太陽系というのは人間の無意識構造を運動させていく高次元の精神の構造体だと考えるんだ。ちょうど占星術も太陽系を人間の霊的な構造体として考えるよね。それに似ているかな。もっともヌーソロジーの場合は、そうした単なるオカルティックなものではなくて、なぜ、そうなのかというロジックを持って語っていくわけだけど。

藤本:ヌーソロジーでは、物質は高次元意識の投影だといつも言っていますが、太陽系もそうだということですね。人間が存在しないと太陽系も存在しないという考えでいいのでしょうか?

半田:そうだね。人間が存在しないと太陽系も存在しないし、太陽系が存在しないと人間も存在しない。これは別に科学のように生物を進化させる環境が太陽系の地球という惑星において偶然にも整ったとかいうことではなくて、物質や生命を作っている大本の力は目に見えない精神(霊的な力)側にあるということなんだ。その力にはある秩序立てられた構造があって、その構造が物質としては太陽系として見えているということを言っている。

藤本:太陽系は太陽を中心として、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8個の惑星から成り立っていますよね。それぞれの惑星について、ヌーソロジーが解き明かす新しい考え方をお聞きしたいのですが、まずは太陽とは何なのですか?

半田:一言でいうと人間の自我を成立させる働きを持つ無意識の核のようなものだね。

藤本:自我とは、身体以外の無意識を含めての自分と言われていますよね。その核となるものが太陽ということは、自我は太陽によって存在し、太陽は自我によって存在しているってことですか?

半田:そう、太陽がなければ自我は存在しないし、自我がなければ太陽も存在しない。精神と物質の間にある表裏一体の関係を代表するものと考えていいと思うよ。

藤本:太陽は、自我を成立させる核であるならば、その他の惑星は、どんな存在なのか気になるところですね。具体的にお聞きしたいのですが、月の存在をヌーソロジーとしては、どう捉えているのですか?

半田:月は眠った太陽の働きと考えるといいと思うよ。昔の人は太陽を文字通り太陽、月を太陰と呼んでいたよね。太陽が表ならば月は裏、太陽が男なら月は女。日本の神話では太陽はアマテラスで女性性、月はツクヨミで男性性。いずれにしろ両性として補完し合う関係になってるよね。さっき太陽は人間の自我を意味するといったけど、これは人間の意識に明確に現れた「わたしはわたしである」という自我を支える根底的な力、つまり、理性の力を象徴している。でも月は逆なんだ。そうした理性とは逆に人間の中には自分でもよく把握できないような無意識が眠っているよね。要は夜寝ているときに夢を見させているような意識の世界。月はこうした隠された眠れる無意識の力を象徴している。人間の意識はこうした陽と陰の二つの大きな意識の働きの在り方によって成り立っていると考えるといいよ。

藤本:なるほど、だから月は夜に現れる...。夢の世界は、すごく興味があるのですが次回に回します。では火星はどう捉えるのでしょうか?

半田:火星は太陽が二つ重なった状態、つまり、二つの自我が同じ空間を占めたときの場を支えている力の現れだね。つまり、自我が他の自我を感じ取るときの意識の場所と考えると分かりやすいかもしれない。だから、ここでは、対立が起こることになる。昔から火星が戦いの星とされるのもこのためなんだね。と言っても、火星が悪い星ということじゃない。戦いの相手は時にはライバルでもあるのだから、自我を成長させるためには戦いも必要で、火星は二つの異なる自我の力を二重化させて、自我を育て、明確に確立させる意味も持っているんだよね。

藤本:自我の存在を支える、それぞれの惑星があるってことですね。この紙面では、全部の惑星のことは、ご紹介できないと思いますので、紙面が許す限りお聞かせください。残りは、ぜひレクチャーでお願いします。では、次に水星についてお聞かせいただけますか?

半田:水星は金星とちょうど対照的な働きを持っているから、一緒に説明した方が手っ取り早いかな。水星と金星はちょうど、言葉と知覚の関係にあると思っていいよ。言葉の働きを支えているのが水星で、知覚の働きを支えているのが金星。だから、水星は外在的な客観意識を受け持っていて、金星は内在的な主観意識を受け持っているとも言えるね。その意味で水星は男性的で、金星は女性的。人間が持った知性と感性の働きの対照性に対応している。この両方のバランスを持って、太陽=すなわち自我、そして意思的なものが確立していくという仕組みになっている。シンプルでしょ。もっとも、こうしたことは、昔から占星術師たちが言っていることではあるけど(笑)。

藤本:では、木星についてお聞かせください。

半田:木星はジュビター、愛の惑星と呼ばれているように、人間の内在的な自己が互いにつながりを持って一つになっている場所だね。簡単に言うと「こころで一つに繋がっているところ」。人間の良心なんかも木星の働きで生まれている。内的な集合意識の場というと分かりやすいんじゃなかろうか。

藤本:太陽や惑星が人間の自我を支えているものだと考えると、とてもダイナミックですね。宇宙と自分が繋がっているんだとリアリティをもって感じます。最後に土星と地球についてお聞かせください。

半田:土星はちょうど木星と正反対の意識の場を作っているところだね。つまり、内在的な自己ではなく、外在的な自己がつながりを持っている場の力とでも言うのか。社会や国家、そして人間が作る組織集団とかにはすべてこの土星の力が宿っていると思っていいよ。木星が「愛」なら、土星は「道徳」のようなものかな。よく「なぜ人を殺してはいけないのか」という問いかけがあるけど、木星的意識は「それは人を殺したくないから」と答えるのに対し、土星的意識は「それは人を殺してはいけないから」と答えると考えるといいよね。木星が心が持った本能としての慈愛をベースにするのに対して、土星は社会的な「義務」や「権利」を通して集団化を考えさせるんだ。だから、殺人犯に対しても木星的なものが情状酌量を訴えるのに対し、土星的なものは断固たる処置を要求する。木星と土星はそうした母性的な感覚と父性的な感覚に対応しているわけだね。
地球は、すべての意識のもととなる物質世界そのものを意味している。より正確に言うと、知覚がなくても物質世界が外部にあると感じさせている意識の働きというのかな。そういった素朴実在論的な存在感覚を提供しているものだね。でも、この場所があらゆる意識の成り立ちの中心になっている。単純化していうと物質世界を支える意識の力と言っていいと思うよ。

藤本:天王星・海王星までは、聞けなくて残念でした。ヌーソロジーの宇宙観が少しわかりました。レクチャー楽しみにしています。ありがとうございました。

このページのTOPへ

このページのTOPへ

このページのTOPへ

 

藤本邦彦
藤本邦彦
プロフィール
藤本 邦彦
1958年広島県生まれ。國學院大学法学部卒業。数年間の広告代理店勤務を経て、1987年に独立。広告代理店として株式会社ライトスタッフをスタートするが、数年後『心身ともに健康で積極的に生きる』をコンセプトに環境事業部を設置。現代を前向きに生きるための様々な商品の販売事業を全国に展開。

最近のエントリー
  • ヌーソロジー・半田広宣氏に聞く「太陽系とは何か?」
  • オススメ新商品は、ポイント5倍!(8/31まで)
  • ヌーソロジー・半田広宣氏に聞く「太陽系とは何か?」
  • ヌーソロジー・半田広宣氏に聞く「2013年以降の世界とは?」
  • 新発売!冷房の効きが良くなる「窓用省エネスプレー」
  • 震災復興ボランティア活動報告Part3
  • 震災復興ボランティア活動報告Part2
  • 8月6日に思うこと!
  • 震災復興ボランティア活動報告Part1
  • 何年かぶりに松下村塾に行ってきました。

  • バックナンバー

    まとめ買いキャンペーン

    ヌースマグカップ先着200個プレゼントキャンペーン

    抽選で豪華商品が当たる