癒しの力を持つヌースエネルギーとは?そのヒーリングのプロセスには意識=素粒子が関与しています。

ヌースエネルギー
イーキュア
ヌースフィア化粧品
Intro/はじめに
About NOOS Energy/ヌースエネルギーについて
What's NOOS Theory?/ヌース理論って何?
サプリメント
ヒーリングアイテム
コスメ
アクセサリー
書籍
NOOS FAQ/よくあるご質問
Campaign/キャンペーン

ヌースHome > ヌースエネルギーについて・ヌースエネルギーとは何か?
ヌースエネルギーについて
ヌースエネルギーとは何か?

ヌースエネルギーとは何か?

 

ヌースエネルギーとは

わたしたちの生命活動は分子レベルで見ると、イオンと呼ばれる電気的な情報の交換ですべてが成り立っています。この情報交換の担い手となっているのが電子です。例えば、老化をはじめ、ガン、動脈硬化、糖尿病などの病気の引き金となる活性酸素は、酸素分子を安定させている不対電子がバランスを欠いて一方を失った状態になっています。電子のバランスを失った酸素分子は他の分子の電子から補おうとして、体内の正常な分子を酸化させます。この酸化は、いわば「細胞の中に生じたサビ」のようなもので、酸化によって細胞が傷つけられ、身体レベルでさまざまな病気を引き起こします。
ヌースエネルギーとは、こうした体内の情報交換を分子レベルで一手に引き受けている電子そのものに活力を与える力のことです。このエネルギーにより「共鳴波動」を与えられた物質内の電子は、体内の情報伝達のバランスを常に保つように働き、活性酸素の増加を抑え、身体が持つホメオスタシスの力を増進させ、自然本来のリズムを取り戻すように働きかけます。

 

ヌースエネルギーの技術背景

ヌースエネルギーは、当社が独自に開発したNCジェネレーターという装置によって生み出されます。NCジェネレーターは原子核内部の陽子や中性子が持っている理想的なカタチを工学的に再現することによって、その電気的バランスを復元しようとする電子のカタチに間接的に働きかけ、高次元の形態共鳴によって電子のカタチを正常化させるための機構です。

 

NCジェネレーターの工学的仕組み

NCジェネレーターVer.1.1は原子核内部の幾何学構造に共鳴力を与えるために製作された工学的機構です。この機構は核子の内部構造である陽子と中性子が持ったスピン角運動量(アイソスピン)の起源となっている高次元回転の構造を時空内にトポロジー的に再構成し、その幾何学形態を含んだコイル(NCコイル)にある一定量の電流を流すというアイデアのもとに構成されています。

NCジェネレーターVer.1.1が再現する回転機構は陽子-中性子の理想的なカタチを再現させる意図を持って構築されており、この回転機構が発生する特別な波動場は、NCジェネレーター周囲に置かれた物質を構成しているすべての原子核(陽子・中性子)にその波動を共振させることができます。ヌースエネルギーが持つ共鳴波動力とはそのような意味で用いられています。

以下にその機構の一部を物理学的に説明しておきます。

uクォークとdクォークのスピンをそれぞれ相互反転した3次元空間の回転群SO(3)+とSO(3)-の群の中心と見なし、それら二つのスピン(スピノール)を発生させる機構をまずはNCコイルという特別な形状のコイルを使って製作します(図1参照)。

NC コイル内のSUのトポロジー

次にスピノールの回転系SU(2)を考慮し、u、dスピノールが回転する3次元のスピノール空間(内部空間)を考えます。この3次元のスピノール空間において陽子はuud、中性子はdduという形でそれぞれ三つのスピノールから構造化されています。これはuクォークとdクォークのカラー対称性を配位する空間ですが、ここで、u、dクォークにR・G・Bの三種類のカラー荷を与える内部自由度がこの空間上での三つの直交性に由来するものとして考えます。このことはNCコイル自体が回転する場自体をアイソ空間として解釈するということです。NCジェネレーターver.1.1はこのNCコイルをこのアイソ空間におけるx軸、y軸というそれぞれの軸において複合的に回転させ、NCコイル内を流れる電流の双方向性に伴って生じる双対の等方性からアイソ空間におけるSU(2)対称性を用いてアイソ2重項である陽子、中性子のアイソスピンのカタチをトポロジー的に抽出する仕組みになっています。

 

このページのTOPへ戻る

 

会社概要プライバシーポリシーサイトマップご利用に関して

株式会社ライトスタッフ
〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-3-27-401 TEL:03-3725-3022 FAX:03-3725-6998
URL:http://www.right-net.co.jp/

Copyright(C), RIGHT STUFF CO., LTD. All rights reserved.