心の病気

情緒不安定の克服のために知っておくべき【症状・原因・改善方法】

情緒不安定で悩む女の子inカフェ

「他人から見れば些細なことが、気になって何も手に付かない・・・」

「不安な気持ちが、自分ではどうしてもコントロールできない・・・」

 

最近、そんな「情緒不安定」でお悩みの方が、とても増えています。情緒不安定とは、ざっくりと言えば、感情の起伏が激しく、不安定な心の状態ということができます。
この状態に陥ると、気持ちや感情を自分でコントロールできなくなるため、ちょっとしたことでイライラしたり、強い不安を感じて夜も眠れなくなったりします。 続きを読む

空の巣症候群に陥らないために知っておきたい【症状・原因・改善方法】

空の巣症候群のイメージ

子育てに熱心な親ほど陥りやすい?
子離れ直後の心身の変化

空の巣症候群とは、子供が成長して独り立ちした頃に、両親が経験する一時的な症状です。
人生のすべてを捧げた子供への、親としての役割が失われた虚無感や孤独を感じながら、すぐには新たな生きがいを見つけることができずに、心身の不調を訴える親は少なくありません。とくに子育てに熱心な親ほど、喪失感は大きく、空の巣症候群を発症しやすいと考えられています。親元から巣立っていくタイミングで発症するので、ひな鳥が飛び立った後に残され空になってしまった巣にたとえて、米国で「空の巣症候群(empty-nest syndrome:エンプティ・ネスト・シンドローム)」と名付けられました。

続きを読む

自律神経失調症とは?【押さえておくべき症状と改善策】

「つらい症状がコロコロ変わる…」
「病院に行っても改善しない…」

このようなつらい症状で悩んでいませんか?自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の2つから成る自律神経のバランスが崩れることによって起こる精神疾患と言われています。
しかし、自律神経失調症は医学界でも独立した正式な病名として認めていない医師も多いとされています。
これは症状も多種多様で精神的ストレスなどが大きく関係しているためで、
客観的診断がしにくい曖昧な症状に適用される場合が多いと言われています。

続きを読む

統合失調症から脱却するために知りたい【原因・症状・改善法】

統合失調症の脳イメージ

正しい治療で寛解するこころの病

統合失調症は、脳の機能の一部に異常が起きることで発症する病気です。
近年になって研究や治療法が進んできたため、まだ解明されていない部分もありますが、
統合失調症の病状には、脳内の神経伝達物質のドーパミンが深く関与していると考えられています。
適切な対応を欠くと悪化・再発を繰り返すこともありますが、
統合失調症は治らない病気ではありません。
回復に向けて、焦らずじっくり取り組むことが大切です。

続きを読む

知っておきたい産後うつの【原因・症状・改善法】

産後うつに悩む鳥

「イライラしたり落ち込んだり、気分の浮き沈みが激しい…」
「何に対しても興味がもてず、やる気がおきない…」

産後うつ病とは、分娩から数週間、ときに数カ月〜数年までの時期にみられる強い悲嘆と、
それに関連する心理的障害が起きている状態のことをいいます。
現在では出産女性の10人に1人が、産後にうつ病になるといわれています。
1人目の出産で産後うつになる場合もあれば、3人目の出産で産後うつになる場合もあります。
そういう意味でも産後うつは、出産した女性なら誰でも陥る可能性がある病気です。
しかも、産後うつは、うつ病同様に放っておいて治る病気ではありません。
ただ放置していても、状況は悪化する可能性の方が高く、
結果として心中や幼児虐待などを引き起こしかねず、
母子両方にとっては非常に危険な要素をはらんでいます。
少しでも異変を感じたら、できるだけ早い段階で対処することが必要です。
対処が早ければ早いほど、症状も軽く、回復も早く済ませることができます。

続きを読む

更年期障害を乗り越えるために知っておきたい【特徴・改善方法】

更年期に悩む女性

「誰もが通る道? 急なのぼせや発汗にとまどう…」
「めまいや動悸など、症状が重なってつらい…」

40~50代の女性を悩ませるものの一つに更年期障害があります。
しかし、今では20~30代の若年層や男性にも更年期障害の症状が出る人が増加しています。
正しい知識と対処法を知っていれば、何も心配する必要はありません。
明るく穏やかに更年期を乗り越え、第二の人生をスタートさせましょう!

続きを読む

悩ましい神経症の【症状・原因・改善方法】

神経症のイメージ

原因がわからない身体の不調は
心の状態に原因があることも

「ノイローゼ」という言葉がありますが、これは一般的に精神のバランスを失っている
状態の人に使います。
しかし、実は医師がこの言葉を使用することはほとんどありません。
もともとノイローゼとはドイツ語で、一般にはこれを訳した「神経症」という言葉を用います。
このノイローゼ、つまり「神経症」は、いわゆるストレスなどの心理的負荷や心の奥にある
不安によってもたらされる心の病気です。
例えば、高所恐怖症の“高い場所が怖い”という不安感も神経症の1つです。

続きを読む

パニック障害を克服するために知っておきたい【症状・原因・改善方法】

パニック障害を引き起こしいるような熊

「居ても立ってもいられない…」
「このまま死んでしまうのでは」
現代人に増えている“パニック発作”の悩み

「パニック障害」はいまとなっては独立した病名ですが、もともとは「不安神経症」として
一括りにされていた精神疾患でした。
パニック障害は、突如として起こる「パニック発作」とその発作がまた起こるのではないかと
恐れる「予期不安」、さらにはその「パニック発作」が起きたときに逃げられない状況を
回避しようと、行動範囲を限定する「広場恐怖症」が特徴的な症状として挙げられています。

続きを読む

うつ病を正しく知り向き合うための【症状・原因・改善方法】

うつっぽい表情を浮かべている鳥

「落ち込んだ気分がもう2週間以上続いている・・・」
「しばらく時間が経てば、治るかもしれない」

生きていれば、誰もが、辛いこと、悲しいことに出会い、落ち込むことがあります。
しかし、落ち込みがひどく、なおかつ2週間以上長く続く場合は、
まず「うつ病」を疑ってみてください。
「うつ病」は、年々増加し、一段と身近な病となってきました。
最近では、従来のうつ病とは異なるタイプの「現代型うつ病」という新たな症状も
見られるようになり、「うつ病」は拡大の一途を辿っています。
「うつ病」は放っておいて治る病気ではありません。
むしろ放置すれば、必ずといってよいほど悪化します。
ですので、少しでも「この状態って何か変?」と感じることがあったら、
できるだけ早い段階で対処することをお勧めします。
対処が早ければ早いほど、症状も対処も軽く済むのですから。

続きを読む

お腹にガスがたまる【原因と解消法】

ガスがたまり悩むリス

「ガスがたまってお腹が苦しい」
「便通の調子が良くない」「下痢が止まらない」

ガスがたまる」をはじめ、腹痛や便通異常などの消化器症状が続くので、身体的な検査を
してみても異常ナシと言われてしまう─。
最近、老若男女を問わず、そんな「ガスがたまる」などの“原因不明のお腹の不調”を訴える人が急増しています。
お腹にガスがたまって、似たような症状に困っているという方は、
もしかすると
「過敏性腸症候群(IBS: Irritable Bowel Syndrome)」かもしれません。
「IBS(過敏性腸症候群)」の大半の原因は、ストレスと言われています。
ガスがたまる IBS(過敏性腸症候群)」症状がより深刻になる前にストレスを解消・軽減できる環境づくりを心がけましょう!

続きを読む