強いストレスから食欲のコントロールを失い、異常な食行動を繰り返す「摂食障害(拒食症・過食症)」の症状や特徴について

摂食障害は多くの場合、ダイエットをきっかけに、複数の要因が関係して起こるといわれています。
その要因の1つとして、やせている人を過剰に評価する社会の傾向、ダイエットの流行、
飽食型社会などといった社会的なトレンドが摂食障害を後押ししているといいます。
「細い=美しい」という社会的背景をきっかけとしてダイエットを行い、
摂食障害に陥る患者層は、最近では小学生にまで及び、年々若年化が進んでいます。
しかし、摂食障害は必ず治る病気です。
完治には、ある程度の時間が必要かもしれませんが、あきらめなければ、必ず希望が見えてきます。

■摂食障害(拒食症・過食症)とは、どんな病気?─強いストレスから食欲のコントロールを 失い、異常な食行動を繰り返す「摂食障害(拒食症・過食症)」の症状や特徴について

摂食障害とは、強いストレスから食欲のコントロールを失い、異常な食行動を繰り返す病気であり、これには拒食症と過食症の2つのタイプがあります。
拒食症は食欲がないという訳ではなく、食べることと正常な体重を維持することを拒否してしまう症状です。これは極端に食事量を減らしたり、絶食したり、少量の食事を摂った後に下剤を飲んだり、吐くといった行動として現れます。
もう1つの過食症は、通常では考えられないような食事量を摂取してしまう症状です。
摂食障害は、多くの場合、まず「やせたい」という思いから無理なダイエット行動をすることで、拒食症に発展します。その後、反動で過剰な量の飲食を行い、直後に食べたものを吐いてしまうという過食症に至ります。こうした一連の行動を一定のサイクルで繰り返し、多くの場合、うつ、引きこもりなどの気分変調障害をきたし、昼夜逆転など生活時間の乱れや、衝動性の盗癖などの問題行動に結びつくことがあります。

■摂食障害(拒食症・過食症)の原因と治療法

摂食障害の原因は、生物・心理・社会的な要因が複合していると考えられており、多くの研究が進められていますが、明らかな病因は現在のところ不明です。しかし、脳も含めた生物学的要因、心理的な要因、環境も含めた社会的要因が複雑にからみあっていることが推測されています。家族関係の要因についてもさまざまな研究がされていますが、家族のあり方が原因となるという明確な証拠があるわけではありません。必要以上に親の育て方に原因を求めないようにしましょう。そして、何より大切なのは、原因探しよりも回復していくために、どうしていけばよいかを考えていくことです。このことは、本人はもちろん、家族や友人などの周囲の人たちがいっしょになって取り組んでいく必要があります。

摂食障害の原因と考えられている3要素

また、治療法に関して言えば、例えば、過食症は現在のところ、確実な治療法がありません。過食症への治療効果が正式に認められた医薬品は、脳内のセロトニンと呼ばれる神経伝達物質を増大させるプロザックという薬が最初でした。プロザックは本来の効き目である抗うつ効果によって、過食行為の後などに起こる「気分の落ち込み」や日々の「うつ状態」を緩和して、気分を改善しつつ、普通の生活に近づけることができます。しかし、過食症に対するプロザックの効果は約50%とされています。その上、比較的単純な過食症には効きやすいが、盗癖などの問題行動にまで発展した複雑な症状には、効きにくいとされています。そして、効く・効かないに関わらず、当然、副作用を伴います。

■心身のバランスのくずれをケア!日々のストレスが気になる方のために開発された天然素材を使用した安心・安全なココロ専用のサプリメント!『水溶性キトサン/ヌーススピリッツ』

目まぐるしく変化していく現代社会。さまざまなストレス環境の中でもココロ豊かに自分らしく毎日を過ごしたい−こうしたコンセプトを主眼において、専門家による全面的なアドバイスのもとに製品化されたのがこの『ヌーススピリッツ』です。原料は国内で水揚げされた紅ずわいガニ殻から特殊な製法によって精製された水溶性の低分子キトサン。水溶性低分子キトサンは通常のキトサンに比べ吸収率にすぐれ、心と身体のリズムを穏やかに整える働きを持っています。日々のストレスでココロに疲れを感じたら、是非一度この『ヌーススピリッツ』をお試しください。
また、『ヌーススピリッツ』は、サプリメントを活用した代替医療先進国のアメリカにおいて、「心のコントロールのとれない人に改善効果が期待できる」として、既に米国特許を取得しています。また、2006年11月、日本においても特許を取得。これにより『ヌーススピリッツ』は米国のみならず、日本においてもメンタルヘルスサプリメン トとして、より高い信頼性と安心を提供できるサプリとなりました。

このページのトップへ戻る