人格障害(パーソナリティ障害)の【特徴・症状・治療法】

  • Pocket
パーソナリティ障害のイメージ

「人付き合いが難しい…」
「つい攻撃的になってしまう」

人格障害とは、「極端に偏った性格」であることによって感情や対人関係に支障が出ている状態のことです。
また、「人格障害」は英語で「Personality Disorder」と表現することから、
最近では「パーソナリティ障害」とも呼ばれています。

 

人格障害(パーソナリティ障害)とは、どんな病気?─人格障害に見られる衝動的な攻撃性の改善

The Best Present I Never Got

現在、あらゆる世代において、衝動的な攻撃性が蔓延しています。10代〜20代の若者の家庭内暴力、いじめ、通り魔、親による幼児虐待に至るまで、攻撃性による現象が激増し、ニュースや新聞でも非常に多く聞かれるようになりました。こうした過度の衝動的な攻撃性を持つ人の症状としては、

●境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)

●自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害)

●妄想性人格障害(妄想性パーソナリティ障害)

●反社会性人格障害(反社会性パーソナリティ障害)

●演技性人格障害(演技性パーソナリティ障害)

●回避性人格障害(回避性パーソナリティ障害)

●強迫性人格障害(強迫性パーソナリティ障害)

●依存性人格障害(依存性パーソナリティ障害)

●統合失調型人格障害(統合失調型パーソナリティ障害)

など、人格障害を中心とした様々な精神疾患が該当します。これらの病気からもたらされるどうにも抑えることのできない衝動的な攻撃性は、時として周囲の人間に多大な被害を与えるだけでなく、それらの症状を患う本人自身を傷つけてしまう危険性があります。
もちろん、こうした攻撃性は限られた人間にしか見られない特殊なものではなく、誰もが持っている性質です。例えば、何かに対して怒りを持っていても、それを仕事上の競争やテレビゲームなどで紛らわせる人も多いのはずです。しかし、現代では社会的にも文化的にもこうしたストレスを容易に解決できなくなっており、単純な暴力という手段でしか消化できなくなっている人が増加しているのです。

人格障害(パーソナリティ障害)に関する治療方法

jinkakusyogai4


これらの症状に対する解決方法は、2つあると考えられています。1つは「心理療法」で、心理的・言語的な操作により、攻撃性を回避させる方法ですが、これは大変難しく、場合によっては逆に悪化させてしまう恐れもあります。もう一つが「薬物療法」によって攻撃性を抑制する方法です。この方法は、人格障害などの何らかの精神疾患が基礎にあり、衝動的な攻撃性が現れている場合には有効と言われています。その場合、それぞれの疾患に対応した薬物投与を行います。一方、原因が明らかでない攻撃性の場合には、一般的に精神安定剤の使用が考えられます。これは不安や焦燥感、イライラなどを取り除く薬ですが、かえって攻撃的になってしまう逆説的な作用をもたらすことがあります。また、攻撃性だけに効く薬も服用する際の強い不快感が伴うという致命的な短所があったり、攻撃性を抑えつけるため、本来の喜怒哀楽までもが抑えつけられ、ボーッとして、感情の起伏が乏しくなったりといった副作用が出てしまうため、薬物療法も完全なものとは言えません。

腸内環境の改善で、心身バランスのくずれをケア! 専門医と共同開発されたメンタル用キトサン・サプリ

腸内環境を整えることが、心身のさまざまな問題改善につながることが明らかになりつつある昨今。その以前から「心と身体を腸内”から整える」ことをコンセプトに、メンタル分野の専門医と共同開発されたサプリメントがあります。それが「低分子水溶性キトサン」サプリメントです。

原料は国内で水揚げされた紅ずわいガニの殻から特殊な製法によって精製された低分子水溶性キトサンを使用。この「キトサン」は、メンタル分野の専門医による全面的協力のもと、最適なパフォーマンスが得られる特定分子量に調整されており、心と身体のリズムを穏やかに整えてくれます。

また、この「キトサン」は、「心のコントロールのとれない人に改善効果が期待できる」として、米国と日本において用途特許を取得しています。
 

※用途特許とは:既存の化合物に未知の属性を発見し、それがある新しい用途に用いることが可能であることが分かった際に、その用途に対して与えられる特許。
 
用途特許とは – 産学連携用語 Weblio辞書
www.weblio.jp/content/用途特許

サプリメントに用途特許が与えられるということは、非常に珍しいケースだと言われています。
ご興味のある方は、詳細サイトをご覧ください。


「低分子水溶性キトサン」詳細サイトへ