ひとりで悩まないで! 育児ノイローゼ(虐待)の原因と対処法

  • Pocket
育児ノイローゼの母親

「子育てに疲れを感じて、ついイライラしてしまう…」
「育児がつらく悩む日々、どうしたらいいかわからない…」

このようなとき、本人やまわりの人は、どう対処したら良いのでしょうか。
近頃、育児ノイローゼ虐待が原因の悲しい事件が多発しています。
育児ノイローゼ・虐待に悩む私たちすべてにとって、これは決して他人事ではありません。
育児ノイローゼ気味の方はサプリメントの摂取をはじめ、家族や周囲に協力をお願いして、育児中のストレスが深刻になる前に解消・軽減できる環境づくりを心がけていきましょう!

 

育児ノイローゼ(虐待)とは、どんな病気?─妊娠・出産・子育て時に見られる“育児ノイローゼ”や“虐待”の症状や特徴について

ikujinoiroze8

育児ノイローゼ虐待は、妊娠や出産や子育てをするお母さんの間で最近よく話題となる症状です。実際、育児ノイローゼ虐待に悩むお母さんは非常に増えていると言います。では、なぜ育児ノイローゼ虐待が起こるのでしょうか?
出産直後、お母さんの身体は妊娠を継続する為のホルモンから、母乳を出すためのホルモンに急激に分泌を切り替えていきます。その際に現れる副作用によって産後鬱になるケースが一般的に多いと言われています。ホルモンの作用は身体的だけでなく精神面への影響も実に強烈であるため、単に「気持ちの持ちよう」という類のものではありません。お母さんは、妊娠中の負担や出産時の傷と疲労で体力も回復しない状態で、自分の身体を癒す間もなく、ノンストップで睡眠時間を削り、育児をしなければなりません。そのため、この時期のお母さんは、心身ともに大変なストレスがかかった状態で過ごさなければならないのです。

育児ノイローゼや虐待にいたる原因─想像以上に負荷の大きい育児ストレス

ikujinoiroze6

育児、すなわち子どもを育てるということは本当に大変なことです。育児ノイローゼ虐待にならないことの方が不思議なくらいと言っても過言ではありません。なぜなら、毎日の家事をしながら、子どもの面倒をみるだけでも大変なストレスがかかるからです。特に夫や親、友だちなど、周囲にその大変さや愚痴を聞いてくれたり、褒めたり、励ましてくれる相手がいなかったりすると、日々のストレスを発散させることができず、イライラが非常に溜まり、育児ノイローゼ虐待に陥りやすい状態となります。というのも、夜中は子供の泣き声に何度も起こされるために睡眠不足が続き、日中は1時間すら一人でホッとできる自由な時間もありません。しかも、その同じことが毎日連続して繰り返されるので、息抜きをするヒマもほとんどありません。ですから、極端に人付き合いや自由な時間が制限された厳しいストレス環境の中で、そんな子育て生活が毎日続いてしまうと、誰もがその体力的・精神的なストレスから育児ノイローゼ虐待を引き起こしてしまう可能性があります。育児ノイローゼになると、以下のような症状が現れます。

ikujinoiroze1

腸内環境の改善で、心身バランスのくずれをケア! 専門医と共同開発されたメンタル用キトサン・サプリ

腸内環境を整えることが、心身のさまざまな問題改善につながることが明らかになりつつある昨今。その以前から「心と身体を腸内”から整える」ことをコンセプトに、メンタル分野の専門医と共同開発されたサプリメントがあります。それが「低分子水溶性キトサン」サプリメントです。

原料は国内で水揚げされた紅ずわいガニの殻から特殊な製法によって精製された低分子水溶性キトサンを使用。この「キトサン」は、メンタル分野の専門医による全面的協力のもと、最適なパフォーマンスが得られる特定分子量に調整されており、心と身体のリズムを穏やかに整えてくれます。

また、この「キトサン」は、「心のコントロールのとれない人に改善効果が期待できる」として、米国と日本において用途特許を取得しています。
 

※用途特許とは:既存の化合物に未知の属性を発見し、それがある新しい用途に用いることが可能であることが分かった際に、その用途に対して与えられる特許。
 
用途特許とは – 産学連携用語 Weblio辞書
www.weblio.jp/content/用途特許

サプリメントに用途特許が与えられるということは、非常に珍しいケースだと言われています。
ご興味のある方は、詳細サイトをご覧ください。


「低分子水溶性キトサン」詳細サイトへ