不眠症を克服するための【症状・原因・改善方法】

  • Pocket
不眠症のひつじ

「夜、眠りにつくのに時間がかかる…」
「せっかく眠れたのに目覚めてしまう」

不眠症は、平常時と比較して睡眠時間が短くなり、身体や精神に
不調が現れる睡眠障害の一種です。
不眠症は昼間の眠気や集中力の低下をもたらすため、仕事上での重大なミスや、交通事故、
労働災害などを招くこともあります。
さらに最近は、睡眠不足による心身疲労の蓄積が自律神経のバランスを崩し、心臓病などの
生活習慣病をはじめとする、さまざまな病気のリスクを高めることが報告されています。

 

寝ようとしても眠れない「不眠症・睡眠障害」の症状や特徴について

huminsyo67

“夜眠れない”という苦しみは、不眠症になった人にしか分からないと言います。不眠症とは、「寝つきが悪い」「眠っても何度も目がさめる」「熟睡できない」といった症状がたび重なり、慢性化している状態をいいます。最近、この不眠症をはじめとする睡眠に関する問題を抱える人の数は増加傾向にあり、5人に1人が睡眠に関して何らかの悩みを抱えています。そして10人に1人が「不眠」で悩んでいるという調査報告があります。
しかし、睡眠には個人差があるため、検査してみれば7時間以上眠っているにもかかわらず「眠れない」と感じる人もいれば、3~4時間睡眠でも平気な人もいます。ですから、客観的に何時間眠っていようと、本人が安眠・快眠できないと自覚する状態が継続する場合を不眠症と判断するケースが多いようです。
不眠症は、症状によって大きく4種類に分けられます。

humin1
 

「不眠症・睡眠障害」の治療法─睡眠薬

huminsyo6

日本では「睡眠薬は怖いモノ」というイメージが依然として強く残っています。それは「一度、睡眠薬を服用すると、それがないと眠れなくなってしまうのでは?」とか、「中毒になって性格が変わったりするのでは?」と心配する人が多いためです。また、睡眠障害を患っている方でも、「睡眠薬は使わないで欲しい」という声は多く聞かれるようです。
睡眠薬に「ハルシオン」というものがありますが、これには記憶障害という副作用が出る場合がありました。ただし、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の場合、現在はほとんどそのような危険性はないと言われており、今現在、医療現場で使用されている睡眠薬に関しては充分に安全な薬だと言えます。
ただ、睡眠薬には、服用すると逆に眠れなくなるという作用が現れる場合もあります。

「不眠症・睡眠障害」にアルコールを使ってはいけない理由

huminsyo3

しかし、だからといって睡眠薬ではなく、“寝酒の1杯”で間に合わせようとするのは非常に危険です。なぜなら、就寝前の飲酒は脳に悪影響を与える危険性があるからです。アルコールには、不安を和らげ、眠気を誘発する効果がありますが、非常に耐性ができやすいのです。そのため、当初はワインやウイスキー1杯で眠れていたのが、次第に効かなくなり、眠れるように徐々に飲む量が増え、自覚しないうちにいつの間にかアルコール依存症になってしまう場合が非常に高いのです。こうしたことから、単に「眠る」という目的だけならば、睡眠薬の方が遙かに安全と言えるのです。
また、アルコールを飲んで寝る場合、深い眠りができず、朝早く目覚めてしまったりと、確実に睡眠の質が悪くなります。それだけではなく、「“寝酒”を続けた人は、早い時期に痴呆にかかりやすくなる」という報告もあります。特に妊娠中の女性の場合、心臓に奇形を持つ子供や、胎児のニューロン(脳神経細胞)の発達に悪影響を及ぼし、脳障害を持つ子供を出産する場合もあると言われているのです。ですから、就寝前の飲酒を習慣としている方は一刻も早くやめる必要があります。
眠れなくて悩んでいるという場合は、アルコールではなく、ヌーススピリッツを飲用してみてください。

腸内環境の改善で、心身バランスのくずれをケア! 専門医と共同開発されたメンタル用キトサン・サプリ

腸内環境を整えることが、心身のさまざまな問題改善につながることが明らかになりつつある昨今。その以前から「心と身体を腸内”から整える」ことをコンセプトに、メンタル分野の専門医と共同開発されたサプリメントがあります。それが「低分子水溶性キトサン」サプリメントです。

原料は国内で水揚げされた紅ずわいガニの殻から特殊な製法によって精製された低分子水溶性キトサンを使用。この「キトサン」は、メンタル分野の専門医による全面的協力のもと、最適なパフォーマンスが得られる特定分子量に調整されており、心と身体のリズムを穏やかに整えてくれます。

また、この「キトサン」は、「心のコントロールのとれない人に改善効果が期待できる」として、米国と日本において用途特許を取得しています。
 

※用途特許とは:既存の化合物に未知の属性を発見し、それがある新しい用途に用いることが可能であることが分かった際に、その用途に対して与えられる特許。
 
用途特許とは – 産学連携用語 Weblio辞書
www.weblio.jp/content/用途特許

サプリメントに用途特許が与えられるということは、非常に珍しいケースだと言われています。
ご興味のある方は、詳細サイトをご覧ください。


「低分子水溶性キトサン」詳細サイトへ