パニック障害を克服するために知っておきたい【症状・原因・改善方法】

  • Pocket
パニック障害を引き起こしいるような熊

「居ても立ってもいられない…」
「このまま死んでしまうのでは」
現代人に増えている“パニック発作”の悩み

「パニック障害」はいまとなっては独立した病名ですが、もともとは「不安神経症」として
一括りにされていた精神疾患でした。
パニック障害は、突如として起こる「パニック発作」とその発作がまた起こるのではないかと
恐れる「予期不安」、さらにはその「パニック発作」が起きたときに逃げられない状況を
回避しようと、行動範囲を限定する「広場恐怖症」が特徴的な症状として挙げられています。

 

パニック障害とは、どんな病気?─パニック発作を伴う極度の不安感を引き起こす“パニック障害”の症状や特徴について

panic3

近年、パニック障害は、精神疾患の中でも非常に多く見られるようになっている「精神疾患」のひとつです。パニック障害に陥った場合、何の前兆もなく、突然動悸が激しくなり、極度の不安や恐怖感に襲われるといった発作症状が起きます。その他にも、呼吸困難や手足のしびれ、めまい、発汗、吐き気、現実喪失感、気が狂いそうな恐れなどを伴い、「このまま死んでしまうのではないか」という強烈な思いに捕らわれます。これを一度でも体験したことのある人は、“思い出すのもイヤ”な体験だと言います。パニックそのもので死ぬことはありませんが、パニック発作を起こす状況によっては危険を伴う場合もあります。この発作は30分から、長くても1時間以内には収まります。
ただし、一度、発作を起こすと、それを脳が記憶して、街頭や電車の中、エレベーター、映画館、広場などの同じ状況(シチュエーション)に遭遇すると、何度も発作を繰り返し起こすようになります。特に外出した場所で発作を起こした場合、その恐怖が大きく、発作が起きた同じ場所に再び足を運ぶことを避けるようになり、一歩も外に出なくなる“外出恐怖”の症状を伴う場合が多く見受けられます。

パニック障害に対する治療法について

panic6

パニック障害はアメリカでは「PD(パニック・ディスオーダー)」と呼ばれるポピュラーな「精神疾患」です。また、パニック障害は全人口の2%が一生の間に少なくとも1回はかかる症状とも言われており、精神科でも非常に多い病気だとされています。有効な治療法としては「行動療法」・「薬物療法」と言われています。
「行動療法」は、敢えて発作を誘発するような行動を少しずつ繰り返し、発作の不安を解消していく方法で、患者と信頼できる人間とが時間をかけて治療を行います。
「薬物療法」は、脳の神経回路に直接的に作用する抗不安剤や抗うつ剤を服用する治療法です。しかし、「薬物療法」には、眠気、だるさといった副作用が強く、また、依存性も強いため、人によって継続して服用することが困難な場合があります。特に抗不安剤は副作用と比較して、得られる効果が充分ではないところがありました。

Top photo credit: ucumari photography via Visualhunt.com / CC BY-NC-ND

腸内環境の改善で、心身バランスのくずれをケア! 専門医と共同開発されたメンタル用キトサン・サプリ

腸内環境を整えることが、心身のさまざまな問題改善につながることが明らかになりつつある昨今。その以前から「心と身体を腸内”から整える」ことをコンセプトに、メンタル分野の専門医と共同開発されたサプリメントがあります。それが「低分子水溶性キトサン」サプリメントです。

原料は国内で水揚げされた紅ずわいガニの殻から特殊な製法によって精製された低分子水溶性キトサンを使用。この「キトサン」は、メンタル分野の専門医による全面的協力のもと、最適なパフォーマンスが得られる特定分子量に調整されており、心と身体のリズムを穏やかに整えてくれます。

また、この「キトサン」は、「心のコントロールのとれない人に改善効果が期待できる」として、米国と日本において用途特許を取得しています。
 

※用途特許とは:既存の化合物に未知の属性を発見し、それがある新しい用途に用いることが可能であることが分かった際に、その用途に対して与えられる特許。
 
用途特許とは – 産学連携用語 Weblio辞書
www.weblio.jp/content/用途特許

サプリメントに用途特許が与えられるということは、非常に珍しいケースだと言われています。
ご興味のある方は、詳細サイトをご覧ください。


「低分子水溶性キトサン」詳細サイトへ