知っておきたい産後うつの【原因・症状・改善法】

  • Pocket
産後うつに悩む鳥

「イライラしたり落ち込んだり、気分の浮き沈みが激しい…」
「何に対しても興味がもてず、やる気がおきない…」

産後うつ病とは、分娩から数週間、ときに数カ月〜数年までの時期にみられる強い悲嘆と、
それに関連する心理的障害が起きている状態のことをいいます。
現在では出産女性の10人に1人が、産後にうつ病になるといわれています。
1人目の出産で産後うつになる場合もあれば、3人目の出産で産後うつになる場合もあります。
そういう意味でも産後うつは、出産した女性なら誰でも陥る可能性がある病気です。
しかも、産後うつは、うつ病同様に放っておいて治る病気ではありません。
ただ放置していても、状況は悪化する可能性の方が高く、
結果として心中や幼児虐待などを引き起こしかねず、
母子両方にとっては非常に危険な要素をはらんでいます。
少しでも異変を感じたら、できるだけ早い段階で対処することが必要です。
対処が早ければ早いほど、症状も軽く、回復も早く済ませることができます。

 

産後うつとは、どんな病気?─マタニティーブルーをきっかけに、産後に見られる心身のうつ症状で、産後精神病にまで発展する可能性のある「産後うつ」の症状や特徴について

産後3日以内に生じる悲しさや惨めさなどの感情は、マタニティーブルーと呼ばれており、出産を経験する多くの人がこれを経験します。こうした感情は通常は2週間以内に治まるので、あまり心配することはありません。ところが、産後うつ病はこのマタニティーブルーよりも重度の気分の変化を伴い、その症状はうつ病の症状とほぼ同じで、気分が沈む、やる気が起きない、眠れない、なかなか寝付けない、逆に眠くて仕方ない、体重の激減もしくは激増、集中力の散漫、何にも興味が沸かない、焦燥感、イライラする、不安を感じる、孤独だと感じる、涙もろくなる、疲れやすい、生きていたくない、生きていても仕方ないと思う、赤ちゃんを愛せないなどといった精神的な不安に悩まされ、数週間から数カ月間、長い場合には数年続きます。こうした産後うつは妊娠・出産を経験する女性の約1%(10人に1人)に見られるといわれています。さらに、ごくまれに(1,000人に1人くらいの割合で)重症の産後うつに陥るケースもあり、その場合は、「産後精神病」と呼ばれ、産後うつの症状に加えて、幻覚や幻聴、おかしな行動、暴力的な思考や暴力的な行動、被害妄想、自殺願望などいわゆる統合失調症と似た症状を伴います。産後精神病に陥った場合は、症状が急変しやすく、激しい情動的興奮を伴うため、できる限り早期の措置入院による緊急の治療が必要になります。放置していると、本人は現実と非現実の境界を見失っているため、自殺や子供に危害を加えるなど、悲劇的な結果になりかねません。

産後うつの原因と診断について

産後に悲しい気持ちやうつ状態が生じる産後うつの理由はよくわかっていません。原因としては、

1.一部のホルモン、特にエストロゲンとプロゲステロンなどが急激に減る、産褥期の副腎皮質刺激ホルモン放出・低下に代表される急激な内分泌環境の変動といった内分泌学的要因。

2.母親になるという新たな役割の変化による社会心理学的要因。

3.仕事熱心、凝り性、徹底性、几帳面などの病前性格。

4.遺伝学的要因。

これらの要因が複合的に関与して発症すると考えられていますが、明らかではありません。 妊娠前からうつ病があった人は産後うつ病になる可能性が高いといわれています。そのため、妊娠中には医師や助産師にうつ病経験があることを伝えておく必要があります。陣痛や分娩の苦しみ、睡眠不足、孤立感や無力感など、出産や育児に伴うストレスも産後うつ病の原因となることがあります。産後うつ病になる人は、妊娠前にうつ病やその他の心理的障害があったり、家族にうつ病の人がいる場合があることも報告されています。

また、核家族化が進み、祖父母やご近所などとの関係が希薄になり、相談できる相手がいないなど、社会的にもフォローの難しい生活環境や夫婦間の理解不足などによって、産後うつ病が起こる可能性はさらに高まっています。
産後うつの診断については、症状および経過から本症が疑われる際に、「エジンバラ産後うつ病調査票」(EPDS)を用いてスクリーニング検査を行います。この調査票の合計数が9点以上あった場合、産後うつの疑いがあると診断されます。9点以上ある方は、すぐにでも専門医の診察を受けることを強くお勧めします。

sangoutu1

産後うつの治療法について

産後の女性が悲しく沈んだ気持ちになった場合、家族や友人の支えがあればそれ以外の治療は必要ないことがほとんどです。しかし、うつ病と診断されたときには専門家の助けが必要です。
産後うつの具体的な治療としては、以下のようなものがあります。産後うつは「うつ病」と同様、いわばエネルギーが枯渇し、疲弊した状態であるといわれています。そのため消耗を避け、エネルギーの蓄積・回復を図るのが治療の基本です。休養は非常に重要で、安静や睡眠の確保を行います。焦燥感が強い場合は、鎮静作用の強い抗精神病薬であるレボメプロマジンなどを適宜併用して、安静・睡眠確保を図ります。
産後うつの薬物療法としては、うつ状態には抗うつ薬を用い、不安の強い場合は抗不安薬を併用します。薬物療法としては、抗うつ薬により抑うつの改善を図ります。また、精神療法として病気としてのうつ状態の説明、予後の保証、治療の必要性、経過の見通し、治療内容・薬物の説明を繰り返しわかりやすく伝えます。

抗うつ薬としては、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)であるマレイン酸フルボキサミン、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)である塩酸ミルナシプラン、モノアミン再取り込み阻害薬である塩酸アミトリプチリンなどがあります。抗うつ薬の服用が行われ、臨床的にその効果が実証されていると考えられています。ただし抗うつ薬の効果は必ずしも即効的ではなく、効果が明確に現れるには1~3週間の継続的服用が必要です。
抗うつ薬のうち、従来より用いられてきた三環系あるいは四環系抗うつ薬は、口渇・便秘・眠気などの副作用が比較的多いです。これは、抗コリン作用、抗α1作用なども併せ持っているため、こうした副作用が現れると考えられています。さらに、三環系抗うつ薬の場合、大量服用時にQT延長や急激な徐脈などの致死的な不整脈をきたす可能性があります。四環系抗うつ薬では、抗コリン作用や心毒性が比較的弱いといわれています。
近年開発された、セロトニン系に選択的に作用する薬剤SSRIや、セロトニンとノルアドレナリンに選択的に作用する薬剤SNRI等は、副作用は比較的少ないとされています。しかし、臨床的効果は三環系抗うつ薬より弱いとされています。また、不安・焦燥が強い場合などは抗不安薬を、不眠が強い場合は睡眠導入剤を併用することも多くあります。

産後うつは治療開始から3~6ヶ月で軽快することが多いといわれていますが、カウンセリングのような精神的な支えや、場合によっては薬物治療が必要になります。実際、産後うつの治療では、カウンセリングと抗うつ薬療法を組み合わせた治療がよく行われています。 産後精神病の場合は、入院治療が必要になることもあります。この場合、できれば子供と一緒に過ごせる部屋に入院します。治療には抗うつ薬のほか、抗精神病薬が必要になることもあります。母乳で子育てをしている人は、薬を服用する前に、授乳を続けられるかどうかを医師と相談します。
精神症状をもちながら育児・家事を遂行するのは大変な負担であり、病状悪化にもつながる可能性があります。そのため、家族、特に夫が育児や家事に協力し患者をサポートすることは非常に重要です。

Top photo via VisualHunt.com

腸内環境の改善で、心身バランスのくずれをケア! 専門医と共同開発されたメンタル用キトサン・サプリ

腸内環境を整えることが、心身のさまざまな問題改善につながることが明らかになりつつある昨今。その以前から「心と身体を腸内”から整える」ことをコンセプトに、メンタル分野の専門医と共同開発されたサプリメントがあります。それが「低分子水溶性キトサン」サプリメントです。

原料は国内で水揚げされた紅ずわいガニの殻から特殊な製法によって精製された低分子水溶性キトサンを使用。この「キトサン」は、メンタル分野の専門医による全面的協力のもと、最適なパフォーマンスが得られる特定分子量に調整されており、心と身体のリズムを穏やかに整えてくれます。

また、この「キトサン」は、「心のコントロールのとれない人に改善効果が期待できる」として、米国と日本において用途特許を取得しています。
 

※用途特許とは:既存の化合物に未知の属性を発見し、それがある新しい用途に用いることが可能であることが分かった際に、その用途に対して与えられる特許。
 
用途特許とは – 産学連携用語 Weblio辞書
www.weblio.jp/content/用途特許

サプリメントに用途特許が与えられるということは、非常に珍しいケースだと言われています。
ご興味のある方は、詳細サイトをご覧ください。


「低分子水溶性キトサン」詳細サイトへ