五月とは限らない? 五月病の【原因・症状・改善法】

  • Pocket
五月病の女性

「やる気が出ない」「なじめない」
「この先、どうなるんだろう…」

新入学生や新入社員などが、新しい環境になじめないことから起きる心身の不調が五月病です。
医学的な意味での「病気」ではなく、1~2カ月の短期間で以前の状態に戻ることも多いことから
軽く見られがちですが、放置しておくと、うつ病などに移行することもあります。
自分なりのストレス解消やリラックスに努め、不調な状態を長引かせないことが大切です。

 

新しい環境に自ら飛び込んだものの、目標を見失ったり、周囲になじめなかったり…。そんな新入学生や新社会人が陥りがちな心身の不調、五月病とは?

gogatubyo2

五月病とは、新入学の学生や新入社員などが、期待をして新しい生活をスタートしたものの、これまでと違う環境になじめないことから起こるストレス状態のこと。また、受験や就職活動など、憧れの学校や会社に入ったことで目標を見失ったり、理想や夢と現実とのギャップに悩んだりすることで陥る無気力状態のこと。 五月病という名称の由来は、新年度が4月から始まる日本で、さまざまな変化が一段落する5月の連休が明けた頃、この状態に陥る人が多いことから、そう呼ばれるようになりました。しかし、社会人においては、入社直後から新入社員研修が行われ、配属から実務に入って落ち着く6月頃に、こうした状態になるケースも少なくありません。この場合は、新五月病、六月病という名称を使うこともあります。 「病」という文字がついているので誤解されやすいのですが、五月病は俗名であり医学用語ではありません。このため、医学的にどういう状態を五月病とするかの定義もありません。環境の変化に心身が追いついていけない状態ということでは、適応障害の一種と捉えることができ、大きな目標を達成した後の無気力状態ということでは、燃え尽き症候群(バーンアウト)の一種と捉えることができるでしょう。ちなみに、専門医や心理学者の間はアパシーシンドローム(無気力症候群)と言われることも多く、学生の場合はスチューデント・アパシー、社会人の場合はサラリーマン・アパシーと呼び分ける場合もあるようです。

gogatubyo1

五月病に陥るまでの一般的なプロセスと身体的・精神的症状、日常生活に与える影響について

gogatubyo3

新入学や入社などの環境の変化は、自分で感じている以上に心身にストレスを与えます。最初のうちは、新しい環境への期待が大きいため、あまり疲れを自覚することなく過ごしていますが、さまざまなことが落ち着く頃にゴールデンウィークが到来。すると、それまでの緊張や一種の興奮状態が緩み、溜まっていた疲れが表に出てきます。また、新入社員の場合は、配属先の仕事内容が分かってくる6月頃になると、思っていた仕事とは違うと感じたり、命じられた仕事に意義を見いだせないように感じたりして、理想と現実とのギャップを実感するようになります。そして、「これで良かったのか」「これからうまくやっていけるのか」「こんなことをやっていていいのか」といった疑問や不安に囚われてしまうのです。つまり、どちらかと言えば、生真面目で几帳面だったり、内向的で悩みや愚痴を気軽に誰かに話すのが苦手だったりする人が、五月病になりやすいといえるでしょう。 こうして溜めこんだストレスが一定レベルを超えたとき、心身にさまざまな不調が出てくるのです。また、五月病になると、生活に不都合が生じることもあります。朝起きられないために遅刻や早退、欠席・欠勤が増えたり、何をするにも面倒でやるべきことをやらなくなったり、集中力が低下して仕事の効率が悪くなったり、ミスを繰り返したり…といったことが出てきます。

gogatubyo2

「病気とは言えないから」と軽く考えてはいけない、五月病になったときの注意点と対処方法について

gogatubyo4

五月病はうつ病の症状と似ていますが、うつ病と違って、仕事や学業を離れた趣味などは普通に楽しめることも多いようです(ただし最近は、仕事以外ではうつ症状が出ない「新型うつ病」も増えてきています)。このため、周囲からは、単なる怠けのように受け取られることもあります。しかし、五月病も、自分ではコントロールできないつらい状態です。また、五月病に陥っていることを本人や周囲が気づいている場合、「ただの五月病だから、放っておいてもいずれ良くなるだろう」と何もしないでいるケースも少なくありませんが、長期間この状態でいると、実際にうつ病に移行する危険性があります。1か月以上、心身の不調が続くようであれば、心療内科などでチェックしたほうが良いでしょう。 五月病を予防するには、適切な気分転換を図ることと、ストレスを溜め込まないようにすることが大切です。また、できるだけ規則正しい生活と食事を心がけましょう。心身をリラックスさせるサプリメントを、試してみるのも良いでしょう。そして、元気になってきたら、少しずつ興味が持てることを探したり、小さな目標を見つけてみたりすると良いかもしれません。

gogatubyo3

腸内環境の改善で、心身バランスのくずれをケア! 専門医と共同開発されたメンタル用キトサン・サプリ

腸内環境を整えることが、心身のさまざまな問題改善につながることが明らかになりつつある昨今。その以前から「心と身体を腸内”から整える」ことをコンセプトに、メンタル分野の専門医と共同開発されたサプリメントがあります。それが「低分子水溶性キトサン」サプリメントです。

原料は国内で水揚げされた紅ずわいガニの殻から特殊な製法によって精製された低分子水溶性キトサンを使用。この「キトサン」は、メンタル分野の専門医による全面的協力のもと、最適なパフォーマンスが得られる特定分子量に調整されており、心と身体のリズムを穏やかに整えてくれます。

また、この「キトサン」は、「心のコントロールのとれない人に改善効果が期待できる」として、米国と日本において用途特許を取得しています。
 

※用途特許とは:既存の化合物に未知の属性を発見し、それがある新しい用途に用いることが可能であることが分かった際に、その用途に対して与えられる特許。
 
用途特許とは – 産学連携用語 Weblio辞書
www.weblio.jp/content/用途特許

サプリメントに用途特許が与えられるということは、非常に珍しいケースだと言われています。
ご興味のある方は、詳細サイトをご覧ください。


「低分子水溶性キトサン」詳細サイトへ