依存症のイメージ

「◯◯◯をやめられない」
さまざまな物事に依存する症状

依存症とは、WHOの専門部会が提唱した概念で、
精神に作用する化学物質の摂取や、ある種の快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返した結果、
その刺激を求める抑えがたい欲求が生じて、刺激を追い求める行動がやめられなくなる疾患のことです。
依存症は、その刺激がないと不快な精神的・身体的症状を生じます。
また、依存する対象の範囲は広く、代表的なものだけでも、アルコール・買い物・
ギャンブル・セックス・インターネット・メール・ケータイ・ゲーム等、
あらゆるものが対象となり得ます。

続きを読む