自律神経失調症とは?【押さえておくべき症状と改善策】

「つらい症状がコロコロ変わる…」
「病院に行っても改善しない…」

このようなつらい症状で悩んでいませんか?自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の2つから成る自律神経のバランスが崩れることによって起こる精神疾患と言われています。
しかし、自律神経失調症は医学界でも独立した正式な病名として認めていない医師も多いとされています。
これは症状も多種多様で精神的ストレスなどが大きく関係しているためで、
客観的診断がしにくい曖昧な症状に適用される場合が多いと言われています。

続きを読む

うつ病を正しく知り向き合うための【症状・原因・改善方法】

うつっぽい表情を浮かべている鳥

「落ち込んだ気分がもう2週間以上続いている・・・」
「しばらく時間が経てば、治るかもしれない」

生きていれば、誰もが、辛いこと、悲しいことに出会い、落ち込むことがあります。
しかし、落ち込みがひどく、なおかつ2週間以上長く続く場合は、
まず「うつ病」を疑ってみてください。
「うつ病」は、年々増加し、一段と身近な病となってきました。
最近では、従来のうつ病とは異なるタイプの「現代型うつ病」という新たな症状も
見られるようになり、「うつ病」は拡大の一途を辿っています。
「うつ病」は放っておいて治る病気ではありません。
むしろ放置すれば、必ずといってよいほど悪化します。
ですので、少しでも「この状態って何か変?」と感じることがあったら、
できるだけ早い段階で対処することをお勧めします。
対処が早ければ早いほど、症状も対処も軽く済むのですから。

続きを読む

さまざまな”依存症”を克服するための【正しい知識】

依存症のイメージ

「◯◯◯をやめられない」
さまざまな物事に依存する症状

依存症とは、WHOの専門部会が提唱した概念で、
精神に作用する化学物質の摂取や、ある種の快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返した結果、
その刺激を求める抑えがたい欲求が生じて、刺激を追い求める行動がやめられなくなる疾患のことです。
依存症は、その刺激がないと不快な精神的・身体的症状を生じます。
また、依存する対象の範囲は広く、代表的なものだけでも、アルコール・買い物・
ギャンブル・セックス・インターネット・メール・ケータイ・ゲーム等、
あらゆるものが対象となり得ます。

続きを読む

人格障害(パーソナリティ障害)の【特徴・症状・治療法】

パーソナリティ障害のイメージ

「人付き合いが難しい…」
「つい攻撃的になってしまう」

人格障害とは、「極端に偏った性格」であることによって感情や対人関係に支障が出ている状態のことです。
また、「人格障害」は英語で「Personality Disorder」と表現することから、
最近では「パーソナリティ障害」とも呼ばれています。

続きを読む