ヌーススピリッツ
  • メンタルヘルスサプリメント「ヌーススピリッツ」
  • ヌーススピリッツ喜びの声
  • 精神科医酒井和夫先生のメンタルケアコラム
うつ むきかげんの心をサプリで克服・改善/ヌーススピリッツHOME > ヌーススピリッツのおすすめ飲み方/ヌーススピリッツ
  • 精神科医 酒井和夫先生の 〜メンタルケアコラム
  • 臨床心理士 麻衣子先生の 〜ココロ相談室
  • 「患者が決めた! いい病院」 〜よい病院の見分け方
  • 知っていますか? 〜薬の副作用について
資料無料プレゼント

>> お子様や、家族への上手な飲ませ方はこちら

ヌーススピリッツを飲みはじめてからココロの変化に気づくまでには個人差があります。飲んですぐ実感できる方もいれば、1年間飲み続けた後に実感できた方もいらっしゃいます。その理由は、これまでの食生活・ストレスの度合い・体質や習慣などの違いによるものです。身体の細胞が全て生まれ変わるのに必要な期間は3ヶ月といわれています。この期間をあせらずしっかりお飲みいただくと、ほとんどの方が変化を実感できると思います。ライトスタッフも応援しますので、まずは3ヶ月間、あきらめずに飲み続けてみてください。

まずは朝2カプセル〜、晩2カプセル〜、1日4〜9カプセルからスタートして、ヌーススピリッツの飲用を日々の習慣にしていきましょう。調子が悪い方は、飲む量を増やすのもおすすめです(例えば朝昼晩3カプセルずつなど)。飲む量が増えれば増えるほど、変化を感じやすくなります。ストレスを多く感じた日は、特に多めに飲みましょう。医薬品ではなく、食品なので飲みすぎによる弊害もなく安心してお飲みいただけます。調子が安定してきたら量を減らしても良いでしょう。

ストレスの原因は、人間関係、住環境、食生活など色々ありますが、今すぐストレスをなくすことは困難ですよね。しかし今すぐにでも自分自身で変えられるものは食事です。スピリッツは腸内環境を整えることで、精神状態に働きかけますので、飲用中に腸内環境を悪化させるジャンクフードや加工食品を食べ続けていると、十分な働きが得られません。また、ジュース類やお菓子などの甘いものは血糖値を急激に上昇・下降させ、脳へダイレクトな影響を与えます。ヌーススピリッツの飲用中はできるだけ控えるようにしましょう。おすすめは野菜中心の日本の伝統食です。

ヌーススピリッツは飲みあわせの心配がなく、現在服用中のお薬や他のサプリメントと併用しても大丈夫です。もし、お薬をやめたい場合は、急にやめず様子を見ながら徐々に減らしてください。何事もあせらず、時間をかけて少しずつ。実はこれが一番の近道なのです。

60℃くらいに温めたお湯30ccにスピリッツのカプセルを外した粉末を入れ、2~3分ほどよくかき混ぜます(粒数は適量でOKです。濃くつくりたい場合は多めに)。それを3~4分置いた後、再度溶けるまでしっかり混ぜるとスピリッツ水溶液ができます。そのままスプーンで食べ物や飲み物に混ぜてください。

 

毎日、家族に定期的に飲んでもらいたい場合は、やはり飲み物が一番手軽でしょう。キトサン水溶液を100%オレンジジュースやグレープフルーツジュースなど、酸味のきいた柑橘系の飲み物に混ぜれば、味や見た目はまず分かりません。また、青汁など濃いめの野菜ジュースや濃いコーヒーなど後口の濃い飲み物、酸味の強いヨーグルトなどもおすすめです。

「ウチの家族は飲み物は飲まない」あるいは「水しか飲まない」という場合は、キトサン水溶液をカレーのルーやマーボー豆腐など、味の強いとろみのある食べ物に混ぜるのがおすすめです。例えば、1人分のカレールーやおかずの中にスピリッツ水溶液を軽く混ぜると、辛味ととろみでスピリッツ(キトサン)の渋みを感じることはほとんどありません。その他、ラーメンスープや味噌汁などに混ぜるのもおすすめです。