糖化ケアに黒ガリンガルサプリ『クロガリンダ』

糖化ってなに?

糖化とは、普段の食生活の中で摂りすぎた余分な糖がたんぱく質と結びついて、体内で褐色化してしまうこと。いわば"体内のコゲ"のようなものです。体内で糖化が進むと血管や骨など体内の至るところをカラメルのように焦がしてしまい、そのまま細胞機能を低下させてしまいます。

ちょっと前までは"抗酸化"予防が叫ばれていましたが、近年になって注目を浴びているのがこの"糖化ケア"です。

糖化が進むとどうなるの?

糖化が進むと、糖化最終生成物(AGEs)という「毒」に変貌し、細胞のたんばく質が本来の機能を失ってしまいます。老化の元凶とも呼ばれるこのAGEsは美容面だけでなく、健康面では三大成人病を始め、血管に蓄積すれば心筋梗塞や脳梗塞、骨に蓄積すると骨粗しょう症、目に蓄積すると白内障、脳に溜まれば認知症の一因にもなってしまいます。

健康寿命を伸ばす秘訣として糖化ケアこそがいま注目を浴びている理由がここにあるのです。

現代人は糖化気味?
糖質オフ食品にも潜む危険

現代の食事はお米や小麦などはもちろん野菜類に関しても、糖分がより多く含まれるよう品種改良されており、気にせずたくさん食べてしまうと糖分過剰となってしまいます。

では、低糖質・糖質オフの食品であれば大丈夫かというと、そんな単純な問題でもありません。
少し専門的なお話となりますが、体内で焦げとなるAGEsは、血糖値の「量と体内での持続時間」に比例します。
例えば合成された甘味料の場合、体内で処理されるのに時間がかかってしまうため、身体にAGEsを蓄積しやすくなってしまいます。

また糖質オフ食品ばかりを食べていると、たまに摂る少量の糖でさえも積極的にため込もうと身体は過剰反応しするようになり、糖化しやすい体質になってしまうのです。

伸ばせ健康寿命!
リスクだらけの「糖化」をケア

ブルーベリーの3倍、プラセンタの
約1.5倍のスーパーフード

門外不出。山の神様の贈り物
「黒ガリンガル」

東南アジア全体での平均寿命は60歳前半とされていますが、この黒ガリンガルを常食している現地の方々は85~88歳という高齢の方でも現役バリバリで健康を謳歌しているそうです。

材料のこだわり

黒ガリンガルは、現地に住む山岳民族の方々の協力の下、完全無農薬・無肥料で収穫しています。
収穫した原材料は、ひとつひとつ手に取り、目視によって徹底的に品質チェック。素材の質に細心の注意を払っています。

この大切に育てられた黒ガリンガルの栄養素を活かせるよう、加工にあたっても徹底的にこだわっています。
まずは日本の誇る技術「真空低音乾燥」で素材のフレッシュさをキープ。
さらに「特殊固液分離法」により生の黒ガリンガルの栄養素とほぼ同じ状態でカプセル化させています。

黒ガリンカルは抗糖化・抵認知症への特許を取得しています。

(素材について触れたものであり、商品の効果・効能をうたうものではありません)

白質糖化反応阻害剤(特許6411403号)

クロガリンダの素材が、糖化反応を抑制し、排泄が困難とされるAGEsを分解し、さらに体内に僅かにあるとされる抗糖化酵素を増やす作用がある。

Tauタンパク質凝集阻害剤(特許6416828号)

クロガリンダ原料に大量に含まれるポリメトキシフラボノイドが、認知症の原因と言われている排出されなかったアミロノイドβと、タウ蛋白が凝集するのを防ぐ作用がある。

開発者インタビュー

  • 糖化ケアで健康と美しさを

    クロガリンダ

    原材料/黒ガリンガル粉末、ゼラチン(豚由来)

    生産国/日本

    内容量/37g (370mg×100粒)

    1日に2~4粒を目安にお召し上がりください。

    ¥14,800 (税抜)

    ご購入はこちらから