「気分が落ち込出む」「やる気がない」「イライラする」・・・
ストレスフルな社会で生きる現代人にとって
年々身近になりつつある「ココロの不調」。
それは過度なストレスで
心がバランスを失ってしまうのが原因です。
ウツ・キレる・不眠・パニック・・・、
あなたも近頃、メンタルバランス崩していませんか?

理由1 ダイレクトに働く「腸・脳」回路 腸から脳へ「キトサン」がダイレクトにアプローチ

最新の研究によると、腸と脳は“腸神経系(Enteric Nervous System:ENS)”と呼ばれる膨大な神経系でつながっていることが分かってきました。そして、体内にある神経伝達物質「セロトニン」も、その95%が実はこの腸でつくられています。メンタルバランスつまりココロの状態は、この「セロトニン」の放出量と大きく関係しています。ヌーススピリッツの「水溶性低分子キトサン」は、腸壁から吸収され、この腸神経系を介してセロトニンの放出を司る脳へとダイレクトにアプローチすると考えられています。

腸と脳をつなぐ神経回路

理由2 吸収&効果が違う特許キトサン 特許取得のキトサンが腸内で吸収率アップ

同じ水溶性キトサンでも、高分子のキトサンは分子が大きいため、腸壁で吸収できずに通り過ぎてしまいます。ヌーススピリッツのキトサンは「水溶性」「低分子」、しかも、もっとも腸に吸収されやすく調整された「特殊な分子量※」なので、腸壁の毛細血管からしっかり吸収され、末梢神経を刺激。その刺激(信号)が腸神経系を介して脳の中枢へと送られると考えられています。

※精神疾患の改善剤として日米特許取得!

ヌーススピリッツの原料である“特殊な分子量”の「水溶性低分子キトサン」は「こころのコントロールがとれない人に対応し、改善の効果が期待できる」として日本と米国で用途特許を取得しています。
【日本国特許 第3884611号】 
【米国特許 No.US6495142】

腸から吸収力を飛躍的に高めたヌーススピリッツの「水溶性低分子キトサン」

理由3 ナノレベルでメンタルバランス 気持ちの浮き沈みを司る「セロトニン」をコントロール

脳は送られてきた刺激(信号)に応じて、神経伝達物質「セロトニン」の適切な放出量を決定。多すぎれば少なく、少なすぎれば多く、その放出量を調整する信号を送り出すと考えられています。これによって、セロトニンが最適な量で放出されます。その結果、交感神経と副交感神経がもっともバランスのとれた状態となり、最適なメンタルバランスを実現すると考えられています。

神経伝達物質「セロトニン」放出の最適化でメンタルバランスを実現
ショッピングカートへ
ショッピングカートへ