北海道の自然100% 無添加入浴剤『ヨモギと笹の湯はいいな』

『ヨモギと笹の湯はいいな』は、北海道の自然素材のみを使用した添加物ゼロの入浴剤です。

原料の産地は北海道の手つかずの原野から採取。生命力に満ちた大地の力を吸収した“オオバエゾヨモギ”と“クマイ笹の若葉”に“松の葉“を混ぜました。香料も着色料も化学薬品も一切の添加物は使用しておらず、入浴剤としては極めて稀な自然素材100%を実現しております。

毎日の入浴をもっと健康的に

疲れた心と体に癒やしを

香りを嗅ぐだけなのに医療分野でも認められているアロマテラピー。
芳しく優しい香りは、鼻腔から脳(大脳辺縁系)へ直接届けられ、心身のバランスに影響すると言われています。

『ヨモギと笹の湯はいいな』は、植物素材100%の入浴剤ですので、まるで森林を歩いているかのような芳醇で柔らかな香りが浴室いっぱいに広がり、心と体を癒やしてくれます。また各素材に備わった自然の力がさらなる相乗効果を生み出し、一日の疲れをさっぱりと吹き飛ばします。

日本古来の自然素材が体の外から、体の内からも働きかける!

『ヨモギと笹の湯はいいな』の三大成分

古来より伝統的に様々な分野で利用されてきた自然成分で深部体温をサポートします。

深部体温とは「体の内部の温度」のこと。温泉入浴などのマイルド加湿療法は深部体温を上げ、健康に有益な効果を生み出すというメカニズムが近年明らかになりつつあります。

欧米人はシャワーでただ汚れを機械的に洗い流しますが、日本人は湯浴みが基本です。そこには温かいお湯に浸かって、体を温め、癒すということと、沐浴という単に汚れではなく、穢れた体を清めるという森羅万象の八百万の神々の世界に生かされているという自然信仰の精神が底流にあるように思われます。

『ヨモギと笹の湯はいいな』は水道水で沸かしたお風呂に浸すだけで、水道水中の次亜塩素酸が消去されます。香料や保存剤等は一切加えておらず、自然100%の香りが漂い、まるで森林を散策している気分が味わえます。

『ヨモギと笹の湯はいいな』を浸漬させたお風呂に浸かると、普通の温浴よりも身体が芯から温まるとご使用いただいた方に言われます。ヨモギやクマイ笹に含まれる成分は、血流をよくすることが知られていて、特にヨモギのセスキテルペンは揮発成分で、吸入することで深部体温をあげているのかもしれません。

開発者インタビュー全文はこちら
姉妹商品『ヨモギと笹のエッセンス』
  • ヨモギと笹の湯はいいな

    北海道の自然100% 無添加入浴剤

    原材料/オオバエゾヨモギ、クマイ笹、トド松葉粉

    内容量/10袋

    生産国/完全国内製造

    ¥5,000 (税抜)

    ご購入はこちらから